catch-img

エイサー製ノートパソコン修理 ブルースクリーンの問題解決【修理事例】

中野のパソコン修理店、デジタルドック中野サンモール店です。今回は、Acer製ノートパソコンの修理事例をご紹介します。

お客様の依頼内容・申告症状

中野区からお持込のお客様より、「電源を入れるとブルースクリーンになる。初期化しようとしても失敗してしまう。セーフモードが起動出来ない」というご相談を受けました。

当店の作業内容

まず、症状の確認と診断を行いました。検証用SSDを使用してインストールを試みたところ、問題なくインストールが完了しました。元のSSDも診断ツールでチェックしましたが、故障は検出されませんでした。このことから、Windowsシステムの破損が原因と判断しました。

お客様に状況を説明し、Windowsの再インストールを提案しました。これに加えて、お客様からクリーニングのご依頼もいただきましたので、再インストールとクリーニングを行いました。

再インストールにより、正常にWindowsが起動することを確認し、パソコンクリーニング基本清掃コースを実施しました。このコースでは、強力なエアーコンプレッサーを使用してケース内部のホコリを除去し、表面の汚れもクリーニングします。

裏蓋開封時


価格


価格
作業基本料
5,980円
Windowsインストール費用
16,500円
パソコンクリーニング基本清掃コース
4,000円
合計金額
26,480円

デジタルドックについて

デジタルドックは、パソコンやスマートフォンの修理・サポートを専門とする店舗です。経験豊富なスタッフが迅速かつ丁寧に対応し、お客様の問題を解決します。パソコンやスマホのトラブルでお困りの際は、ぜひデジタルドック中野サンモール店をご利用ください。

価格は作業当時のものです。現在とは価格が異なる場合がございますので、店舗にてご確認をお願いいたします。
この事例の作業は、全国のデジタルドックにて受け付けています。
各店舗までお気軽にお問い合わせください。

デジタルドック店舗一覧

ブログカテゴリー

修理事例を症状から探す

修理・サポート事例を店舗で探す