東芝製ノートパソコンの速度を改善【アップグレード事例】

東芝製ノートパソコンの速度を改善【アップグレード事例】

福井のパソコン修理店、デジタルドック福井日之出店です。福井にお住まいでパソコンの動作が遅いとお悩みの方へ、デジタルドック福井日之出店から実際のアップグレード事例をご紹介します。今回は、Windowsの動作が遅いTOSHIBA製ノートパソコンDynabookの事例を取り上げます。

お客様からのご依頼

店頭にて、「パソコンの起動や動作が遅い」とのご依頼を承りました。日々の利用に支障が出るレベルで、早急な解決を求められていました。

当店での診断と対応

お持ち込みいただいた東芝製ノートパソコンを診断した結果、HDDの使用率が常に100%に達しており、これが動作が遅いと感じる主な原因であることがわかりました。そこで、HDDをSSDに交換することを提案し、作業に着手いたしました。

アップグレードの効果

SSDへの交換後、パソコンの起動速度は劇的に改善されました。また、アプリケーションの起動やファイルの読み書きも格段に速くなり、業務効率が大幅に向上しました。

リフレッシュ ディスククローンプラン

今回は、「リフレッシュプラン」の中から、「リフレッシュ ディスククローンプラン」を選択。元のデータと環境をそのまま新しいSSDに移行し、快適なパソコン環境を提供しました。

料金について

今回のアップグレードで、作業代と部品代を含めた合計費用は23,500円でした。

デジタルドック福井日之出店では、パソコンに関するさまざまなお悩みに対応しています。アップグレード事例をはじめ、修理やメンテナンスなど、快適なパソコン生活をサポートします。福井でパソコンの性能向上をお考えの方は、当店にご相談ください。

パソコン修理事例

関連記事