画面が割れて起動しない東芝ノートPCからデータを取り出す【データ救出事例】

画面が割れて起動しない東芝ノートPCからデータを取り出す【データ救出事例】

中野のパソコン修理店、デジタルドック中野サンモール店です。今回は、画面が割れてしまい起動しなくなったTOSHIBA製ノートパソコンdynabookから、新しいパソコンへのデータ移行を移行するためにSSDを外付け化した事例を紹介します。

お客様からのご依頼

お客様は、不慮の事故により画面が割れてしまった東芝製ノートパソコンを持ち込みました。パソコンが起動しないため、大切なデータへのアクセスが不可能な状態で、新しく購入されたパソコンへのデータ移行を希望されました。

当店の対応

デジタルドック中野サンモール店では、まずお客様のパソコンの状態を診断しました。症状・故障が多岐にわたり、修理には高額な費用がかかることが判明したため、お客様と相談の上で、データの移行を目的としたサービスをご提案しました。

今回はSSDの外付け化を行い、データを新しいパソコンに移行しやすい形でお渡しすることにしました。具体的には、壊れたノートパソコンからSSDを取り出し、外付けドライブとして使用できるように処理を施します。この作業により、SSDから直接データを読み取ることが可能になり必要なデータをいつでも新しいパソコンへ移行することができます。

SSDやHDDなどのストレージが正常であれば、このように外付け化することで、データの救出が可能です。

修理費用

今回のデータ移行サービスの費用は、15,750円(部品代、作業代、診断料金を含む)でした。デジタルドック中野サンモール店では、お客様に納得のいく価格とサービスを提供することを心がけております。

当店のサービスについて

デジタルドック中野サンモール店では、データ移行のほかにも、様々なパソコントラブルに対応しております。画面の修理、ウイルス除去、パフォーマンス向上のためのアップグレードなど、お困りの際は

いつでもお気軽にご相談ください。

パソコンのデータ移行を検討されている中野の皆様、デジタルドック中野サンモール店には、経験豊富なスタッフがお客様の大切なデータを安全に新しいパソコンへ移行いたします。お困りの際は、ぜひ当店にお任せください。

パソコンのトラブルでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

パソコンのトラブルで
お悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

パソコン修理事例

関連記事