自作PCのグラフィックボードから映像が出力されない!原因調査と復旧作業!【パソコン修理事例】

自作PCのグラフィックボードから映像が出力されない。【パソコン修理事例】

京都のパソコン修理店、デジタルドック京都店です。パソコン修理のプロフェッショナルサービスを提供しているデジタルドック京都店では、様々なトラブルに対応しています。今回は、オークションサイトで購入した自作パソコンのグラフィックボード問題を解決した修理事例を通じて、当店の対応力をご紹介します。

お客様からのご依頼

お客様はが持ち込まれたのはオークションサイトで購入した自作パソコン。こちらの輸送中にグラフィックボードのラッチが取れ、画面が映らなくなったという問題でお困りでした。グラフィックボードを外すとマザーボードからの画面出力は可能でしたが、グラフィックボード自体も損傷している可能性がありました。

当店での診断と修理

詳細診断の結果、グラフィックボードがぐらついており、マザーボードのPCIe端子が破損していることを確認しました。さらに、グラフィックボード自体の故障も発見されました。修理費用が高額になることをご説明し、お客様と相談の結果、マザーボードとグラフィックボードの交換を実施しました。また、マザーボード交換に伴いWindowsのライセンスが失われたため、お客様自身でセットアップする方法をご案内しました。

セーフティサービスと価格

修理費用は部品代、作業代を合わせて160,040円でしたが、お客様がセーフティサービスに加入していたため、部品代のみの負担で143,540円で修理を行うことができました。セーフティサービスは、1回の修理で最大30,000円の工賃が無料になる、非常にお得なサービスです。

まとめ

デジタルドック京都店では、自作パソコンのトラブル解決から、メーカー製品の修理まで幅広く対応しています。グラフィックボードやマザーボードの交換など、専門的な修理もお任せください。京都でパソコン修理をお考えの方は、ぜひデジタルドック京都店までご相談ください。お客様のパソコンを最適な状態に戻します。

パソコンのトラブルでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

パソコンのトラブルで
お悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

パソコン修理事例

関連記事