catch-img

マウスコンピューター製デスクトップパソコンが起動しない【デジタルドック京都店修理事例】

デスクトップPCが起動しない

デジタルドック京都店では、日々さまざまなパソコンのトラブルに対応しております。今回は、マウスコンピューター製のデスクトップパソコンが起動しないという症状に対しての修理事例をご紹介いたします。

お客様の申告症状

お客様は店頭にデスクトップPCをお持ち込みいただき、画面が映らないとのこと。自力で電源ユニットを交換されたものの、問題は改善されなかったとの情報を提供してくださいました。

当店での対応

当店にて電源を入れて診断を行った結果、POST(電源オンセルフテスト)が行われないことを確認。このような症状の場合、部品が外れていることが多いのです。特にメモリーの接触不良はよく見受けられるトラブルです。そこで、メモリーを再取り付けし、さらにメモリースロットの洗浄を実施しました。

また、PC内部には細かいホコリが堆積していたため、クリーニングを行うことをお客様に提案。ご了解を頂戴して、内部クリーニングも合わせて行いました。

修理のポイント

パソコン内部の設計において、メモリースロットがCPU近くに配置されているのは一般的です。この理由は、CPUファンによる冷却の風をメモリーにも当てるためです。しかしこれが、ホコリの堆積の原因となることがあります。定期的なメンテナンスとクリーニングが大切です。

修理料金

今回のメモリースロットの洗浄およびクリーニングの合計費用は、12,480円となりました。


京都でのパソコン修理やメンテナンスをご検討の際は、デジタルドック京都店をご利用ください。多くの経験と実績で、お客様の大切な機器をしっかりとサポートいたします。

​​​​​​​

パソコンのトラブルでお悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

パソコンのトラブルで
お悩みの方は、
お気軽にご相談ください。

パソコン修理事例

関連記事