catch-img

富士通ノートパソコン修理 動作が全体的に遅い【パソコン修理事例】

こんにちは、デジタルドック京都店です。本日は、富士通ノートパソコンの修理事例をご紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.ご依頼の状況
  2. 2.原因と対応
  3. 3.成功のポイント
  4. 4.料金
  5. 5.まとめ

ご依頼の状況

お客様から「パソコンの動作が全体的に遅い」というお困りごとをお聞きしました。このような場合、様々な原因が考えられますが、ハードウェアの問題が疑われます。

原因と対応

当店の技術者が対応し、詳細な診断を行いました。その結果、ハードディスクに劣化が見られることがわかりました。これがパソコン全体の動作を遅くさせていた原因でした。

解決策として、劣化したハードディスクを500GBのSSDに換装することを提案しました。これにより大幅なパフォーマンス向上が見込めます。また、新しいSSDに既存のハードディスクからデータをクローンすることで、お客様の使用環境をそのままにスピードアップさせることができました。

なお、この対応は当店の人気メニュー「リフレッシュプラン」の一つです。

成功のポイント

今回の修理では、ハードディスクが劣化していたため、クローン作業に不安がありました。しかし、当店の技術者の経験とノウハウにより、問題なくクローン作業を行うことができ、お客様の利用環境をそのままにスピードアップすることができました。

料金

今回の修理にかかった費用は、部品代と作業料込みで29,980円(税込)でした。

まとめ

デジタルドック京都店では、パソコンのスピードアップから修理まで幅広く対応しております。パソコンの動作が遅い、早くしたいというご要望や、その他のパソコンに関するお困りごとがありましたら、ぜひ当店までご相談ください。

パソコン修理事例

関連記事