catch-img

ダイナブックノートパソコン SZ73/RB 修理【修理事例】

座間のパソコン修理店、デジタルドック座間相武台店です。今回は、dynabook製ノートパソコン SZ73/RB W6SZ73RRBB の修理事例をご紹介します。

お客様の依頼内容・申告症状

座間市からお持込のお客様より、「突然フリーズが発生し、画面にデバイスエラーが表示されるようになった」とのご相談を受けました。

当店の作業内容

検証用OSで起動し、10分程度経過するとフリーズする症状が再現されました。CPUの温度が起動直後から急激に上昇し、100℃を超えることが確認されました。

原因を調査したところ、CPUを冷却するヒートシンクが正常に接着していなかったことが判明しました。ヒートシンクを一度取り外し、グリスの再塗布を実施しました。また、内部にホコリの蓄積が確認できたため、修理と併せて内部クリーニングも行いました。

作業完了後、正常動作を確認しました。

本体内部 ヒートシンク外す前 と 外した後

 

ヒートシンク外した直後のCPUアップ

価格


価格
作業基本料
5,980円
パソコンクリーニングまんぞくコース
6,500円
CPUグリス塗りなおし
1,650円
合計
14,130円

デジタルドックについて

デジタルドックは、パソコンやスマートフォンの修理・サポートを専門とする店舗です。経験豊富なスタッフが迅速かつ丁寧に対応し、お客様の問題を解決します。パソコンやスマホのトラブルでお困りの際は、ぜひデジタルドック座間相武台店をご利用ください。

価格は作業当時のものです。現在とは価格が異なる場合がございますので、店舗にてご確認をお願いいたします。
この事例の作業は、全国のデジタルドックにて受け付けています。
各店舗までお気軽にお問い合わせください。

デジタルドック店舗一覧

ブログカテゴリー

修理事例を症状から探す

修理・サポート事例を店舗で探す