マウスコンピューター製デスクトップのグラフィックボードアップグレード【アップグレード事例】

マウスコンピューター製デスクトップのグラフィックボードアップグレード【アップグレード事例】

京都のパソコン修理店、デジタルドック京都店です。今回は写真編集ソフトの使用に適したグラフィックボードへのアップグレード事例をご紹介します。

お客様の依頼内容

お客様からのご依頼は、お持ち込みいただいたマウスコンピューター製デスクトップパソコンのグラフィックボードをNVIDIA RTX3060へアップグレードすることでした。また、必要に応じてパソコンの電源も強化するというご要望もいただきました。

当店の対応

まず、お客様のデスクトップPCの現状を確認しました。搭載されているCPUと予定されているグラフィックボードの消費電力を考慮した結果、既存の500W電源で十分と判断しました。これにより、電源のアップグレードは行わず、グラフィックボードのみの交換を行いました。

新しいグラフィックボードの設置後、最新のドライバをインストールし、全体の動作確認と詳細診断を実施しました。診断の結果、他の不具合は見つからなかったため、迅速に作業を完了しました。

価格について

今回のアップグレード作業で発生した費用は以下の通りです。


価格
作業料金(診断料金込み)
11,000円
グラフィックボード RTX3060 12GB
43,800円
アップグレード料金合計
54,800円

※表示価格は全て税込みです。

まとめ

デジタルドック京都店では、お客様の使用目的に応じたハードウェアのアップグレードを提案し、実施しております。パフォーマンス向上を求める場合や特定のアプリケーション用のカスタマイズが必要な場合も、ぜひ当店にご相談ください。

パソコン修理事例

関連記事