catch-img

【レノボノートパソコン修理事例】異音をファン交換で解消

デジタルドック中野サンモール店での、LenovoのThinkBook 15の修理事例を紹介します。お客様から「異音がする」という症状でお問い合わせをいただきました。引取修理にて受付を行い、故障箇所を特定し、無事修理を完了しました。

目次[非表示]

  1. 1.お客様からご相談
  2. 2.検証と修理
  3. 3.修理費用
  4. 4.まとめ

お客様からご相談

まずは、お客様から報告された症状を確認しました。Lenovo ThinkBook 15のCPU冷却ファンから異音が発生しているとのことでした。冷却ファンは、パソコンの温度を下げるために重要な役割を果たしており、故障するとオーバーヒートによるトラブルが発生することがあります。早急に対処する必要があります。

検証と修理

最初に、冷却ファンのクリーニングを行いましたが、残念ながら異音は改善されませんでした。そのため、CPU冷却ファンの故障が原因であると判断しました。軸がぶれていることが原因で異音が発生していたのです。結果的に、冷却ファンを交換することで問題を解決しました。

修理費用

今回の修理にかかった金額は、

32,851円

でした。この金額には、往復の送料が含まれています。引取修理を利用することで、お客様は手間や時間をかけずに修理を依頼することができます。また、当店と修理工場にてしっかりと対応することで、安心して修理を任せていただけます。

まとめ

本記事では、Lenovo ThinkBook 15のCPU冷却ファン交換についての修理事例をご紹介しました。パソコンのトラブルでお困りの際は、ぜひ私たちにお任せください。適切な対処を行い、お客様の大切なパソコンを元の状態に戻すことが私たちの目標です。適切な診断と修理を行うことで、お客様のご要望にお応えいたします。

最後に、パソコンの故障やトラブルに対処する際には、適切な知識と経験が必要です。無理に自己修理を試みると、状況を悪化させる可能性があります。専門家に相談し、適切な対応を求めることが大切です。

これからも、さまざまな修理を通じて、皆様のデジタルライフをサポートいたします。パソコンのメンテナンスや故障に関する情報をお届けすることで、より快適なデジタルライフのお手伝いができれば幸いです。

パソコン修理事例

関連記事